AGAの治療法

自分はAGAかもしれない、けれど病院では一体どういった治療をするのかわからなくて不安だという方も多いと思われます。ただでさえ頭皮の問題はデリケートなものなので、きちんと事前に治療の情報を得たいところでしょう。

病院やクリニックでのAGAの治療方法にはいくつか種類がありますが、内服薬と外用薬での治療が一般的です。AGAは男性ホルモンの影響で髪がきちんと成長しないものなので、まずは内服薬でその根本原因である男性ホルモンを抑えます。

そして外用薬で弱くなった髪の毛を補修します。この二つのことを同時に行うことによって、髪を強くし、そして抜けにくくするのがこのAGAの治療方法です。また、最近では内服薬と外用薬の治療法の他に、注射器で頭皮に直接薬剤を投与し発毛を促進させる治療法もあるようです。

すでに自分で育毛剤やシャンプーでAGA対策を講じている方もいらっしゃるかと思いますが、育毛剤やシャンプーでの対策は先の治療方法でいうところの外用薬だけを使用している状態になります。したがって本当の原因である男性ホルモンには何ら影響はなく、育毛剤やシャンプーの使用をやめたときからまた髪が薄くなるという可能性があります。

育毛剤などの効果がゼロであるとは言えませんが、やはり今後もきちんと髪を残していきたいと考えているならばやはり医療機関での治療がおすすめです。

『間違ったAGA対策』